キャバクラクラブラウンジガールズバースナックなど水商売

大阪キャバクラ夜遊びキャバクラ →手拍子したりタバコに火をつけるだけで許可がいる
2012年04月13日

手拍子したりタバコに火をつけるだけで許可がいる

風営法違反(無許可営業)の疑いで大阪京橋のガールズバー「マリブパイン」経営者(26)=都島区=ら2人を逮捕した。
 保安課によると、カラオケを歌わせて手拍子するなどの行為が、風俗営業許可がないとできない「接待」に当たると判断した。


カラオケの手拍子ぐらいのことで警察に許可を得ないといけないだとか、タバコに火をつけるだけで違反だとか、法律の方が狂ってるんじゃないかな?って普通思うんじゃないかな?
そこだけ見たら、日本ってとんでもなく不自由な国なんじゃないのかな?ってビックリ
どんっ(衝撃)

ちゅうか、接待するのも勝手にやらせてくれればいいんじゃね?
深夜営業とかもアンタラには関係ねぇよ!って。
言いすぎかな?


大阪のガールズバーはどんどん捕まっていくのかもしれないな。


posted by 大阪キャバクラman at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) |

キャバクラ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。